どうも、ガルシフ・バーニーウルフだ。
巷で話題の、先天性コミュ症。普段は寡黙であることが多い。

今回は、15体目野巨像を倒すべく向かったのは、森の中の遺跡。
ここに到達するのには、かなりの時間を要した。

曰く、
『谷に落ちた大男、滅びた都で門番気取り。』

…これまで人型の巨像は何体か出てきたが、今回の巨像で特に注目していただきたいのは、指先だと、個人的に思っている。 

指先…やたら人間のソレにみえて、初見では鳥肌が立ってしまったのはわたしだけであろうか。

日常は @ burnywolf で呟いているので、そちらもよろしく!

おすすめの記事